おねえさんとなつやすみ

「おねえさんとなつやすみ(リリックボックス)」無料ネタバレまとめ!

☆発売後数日で月間売上1位☆

あなたがおねショタ好きなら読むべし!

もちろん、おねショタじゃなくても最高にぬける漫画!

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

 無料で立ち読みができる「BOOKLIVE!コミック」はこちら!

おねえさんとなつやすみ

今回は、おねえさんとなつやすみの無料ネタバレを紹介していきます!

ぼくが実際に読んでみた感想まで紹介しているので購入の参考になればと思います!

少年とおねえさんのセックスはとてもエッチで興奮すること間違いなしです( *´艸`)

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

この漫画を読み終わった時に思うのは・・・

おねえさんに優しくセックスを教えてほしいと思えます!!( ゚Д゚)

「おねえさんとなつやすみ」あらすじとネタバレ

この話は、少年の20年前の話になります。語り部は少年です。

少年は父の実家になつやすみの間だけ住むことになりそこで出会った【おねえさん】とのエッチな物語です。

~あるなつやすみ~

ぼくは、あるなつやすみに【おねえさん】と出会った。

ぼくとの年齢差は10歳くらいだと思う。

ぼくは異性に対して興味がでる年でもあったため彼女との出会いは衝撃だった。

さらに、夏ということもあり胸には若干あせがしめっていることにぼくは興奮し緊張でガチガチになっていた。

【おねえさん】「はじめましてだよね?」

【おねえさん】はぼくが緊張していることに気づき優しく声をかけてくれた。

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

なつやすみの間【おねえさん】はぼくに勉強を教えてくれたりと面倒を見てもらっていた。

しかし、勉強をしていても【おねえさん】の胸に目が行くことが多くほとんど集中して勉強をすることができなかった。

~その夜~

そんな中ぼくは【おねえさん】女性に対して興味があり夜の脱衣所からのぞきこんでいた。

ダメなことだとわかっていても部屋に戻ることができずにじっと【おねえさん】をのぞき込んでいた。

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

そんな時、【おねえさん】と目が合った。

ぼくはその瞬間自分の部屋に逃げ込みやってしまったことに後悔をしていた。

 

〜その夜中〜

ぼくの部屋来る足音が聞こえた。

その足音は【おねえさん】だった。

【おねえさん】「さっき、みてたよね?」

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

やはり気付かれていたようだ…

ぼくは、【おねえさん】にとんでもないことをしてしまったと謝る事しか出来なかった。

しかし、【おねえさん】は怒ることはなく優しく頭を撫でてくれた。

【おねえさん】「男の子なら興味があることだもんね?でも、のぞいたりするのはいけないことだよ?」

【おねえさん】は優しくぼくをなだめてくれた。

しかし、そのあと【おねえさん】から驚きの言葉を聞くことになった。

【おねえさん】「ぼくくんは1人でしたことある?おねえさんがやり方を教えてあげるね?」

そう言うと、セーターをめくり上げてブラジャーの紐を肩から「スルッ」と外した。

そこにあるのは、大きな乳輪にピンと立つ乳首であった。さらに、胸からたれる汗がさらにぼくに興奮を与えていく。

【おねえさん】「さわっていいよ?

【おねえさん】の胸に手をのせると肌の感覚が直に伝わってくる。

むぎゅ、むぎゅ

横に揺らしてみたり少し強く握ってみたりと初めての胸へ好奇心をぶつけていく。

【おねえさん】「じゃあ、やり方を教えてあげるね?」

【おねえさん】はそう言うとぼくを横にしズボンからちんちんを取り出した。

ちんちんは興奮し立ち上がっていたが【おねえさん】は優しく手を上下に動かし始めた。

すると、身体の奥の方から快感が登ってきて白い液体が飛び出してきた。

【おねえさん】「ふふふ、気持ちよかった?また我慢できない時はしてあげるね?でも、みんなには内緒ね!」

〜数日後〜

「ちゅぱ、ちゅぱ」

ぼくは【おねえさん】の胸を舐めて毎日のようにせがんでいた。

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

【おねえさん】はそれでも嫌がることなく受け入れてくれる。

【おねえさん】「もっと気持ちよくしてあげる!」

そう言うと【おねえさん】はぼくのちんちんを胸に挟み「パクッ」突然口にくわえた。

「じゅる、じゅる」「じゅぷ、じゅぷ」

手コキと同じように上下しながら舌をちんちんに絡めて来る。

【おねえさん】の目はトローンとしていてまるで夜の女に見えるくらいに卑猥な雰囲気を出していた。

「ビュッビュ!」

射精すると同時に「ゴク、ゴク、ゴク」と【おねえさん】はぼくの精子を飲み干した。

〜それから数日後〜

ぼくは【おねえさん】へ結婚をしてほしいとプロポーズをした。小さい頃だったがそれは真面目に考えて伝えることにした。

【おねえさん】「ありがとう」

ぼくの言葉に少し驚きながらもすぐにいつもの表情に変わった。

ぼくはその夜【おねえさん】とセックスをした。

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

【おねえさん】「ぼくくんの初めてもらっていい?」

すると、ぼくのちんちんを手に持ちゆっくりと【おねえさん】は入り口に誘導していった。

「ヌルルルルル、にゅぽん」

【おねえさん】の中はとてもあったかく手コキとは違う気持ち良さを感じた。

ゆっくり腰を上げて下げて【おねえさん】は動き出した。

【おねえさん】「あ…ん!んんん」

いつもに増して【おねえさん】は感じている顔をしていた。

部屋中に【おねえさん】の喘ぎ声と「パン、パン」と打ち付ける音が響いていた。

【おねえさん】「いいよ?おねえさんの中にだして?

【おねえさん】の腰の動きはさらに激しくなっていく。

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

 「びゅるるるる、びゅっ!!」

ぼくから出た精子を【おねえさん】は子宮で受け止め続けた。

しかし、気が付けばぼくのちんちんはまた元気になっていた。

【おねえさん】「一回じゃ足りなかった?」

ぼくとおねえさんはそのまま2回目のセックスをし次はさらに激しいセックスになった。

ぼくは【おねえさん】とのセックスにはまり夢中になっていく。

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

それから、ぼくと【おねえさん】はなつやすみの間毎日のようにセックスをしていた。

・倉庫の後ろ

・家の近くの水辺

・もちろん、家の中でも。

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

しかし、それもなつやすみの終わりとともに最後を迎える。

~なつやすみが終わるころ~

東京から両親がぼくを迎えに来た。

もちろん、ぼくは【おねえさん】といたいと嫌だと抵抗したらしい。

【おねえさん】「また来年会えるから(^^♪」

しかし、このなつやすみを最後に【おねえさん】と会うことはなかった。

大人気の「おねえさんとなつやすみ」は全話配信中です!

読みたい方はこちらをクリック☞「おねえさんとなつやすみ

無料で立ち読みをできます!

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

「おねえさんとなつやすみ」を読んでみた感想!

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用

今回は「おねえさんとなつやすみ」を読んでみました!

少年とおねえさんのエッチはとにかく最高でした!(^^♪

おねショタ好きには、特にオススメできる商品でもあります( *´艸`)

少年にたいして性の勉強を教えていくおねえさんとそれに答えていく少年の少しずつ激しくなっていくセックスはぜひみてください!

興奮間違いなしですね。

今後、続編があれば大人になった少年とおねえさんの再会偏とかがあるとおねショタではない人にも受けていくような気がします!

 

もし無料で立ち読みしたい場合はこちらです!

クリック☞おねえさんとなつやすみ

ぼくが利用しているエロ漫画サイト紹介!

ぼくが今回読んだ「おねえさんとなつやすみ」があるのは「BOOKLIVE!コミック」です!

とても使いやすいサイトになっています!

無料で立ち読みもできてポイントの購入もお得なので使い方を紹介します!

オススメしている理由はこれだ!

【BOOKLIVEコミックのメリット】

1.使いやすいサイト!

2.無料で立ち読みができる!

3.割引も頻繁にしているからお得!

4.作品の数が多くておかずに困らない!

とにかくメリットが多い漫画サイトになるのでぼくのオススメです!

 

登録の仕方を簡単に紹介!

登録をするにも少しわからないという方に説明していきます!

簡単なので手順に従っていきましょう!( *´艸`)

BOOKLIVE!コミックへの行き方

まずはこちらから「BOOKLIVE!コミック」のサイトへ!

☞「おねえさんとなつやすみ

無料立ち読みが希望の人は?

クリック後はこのような画面になるので無料立ち読みの方はこちら!

すると、無料で立ち読みができる画面に行くのでそこから読むことができます!

もしさらに、読みたいときには月額にて登録が必要になります!

すぐに全話読みたい人は?

全話を読みたい人はこちらをクリックです!

すると下の画面になるので支払い方法を選択していきます!

選択後はあなたにあった月額の金額を選んで読むことができます!

ボーナスポイントもついているのでそこもお得に利用できるところです!( *´艸`)

 

大人気「おねえさんとなつやすみ」が読みたい時にはこちらから!

1タップ☞「おねえさんとなつやすみ

101052560_BookLiveコミック【AC】おねえさんとなつやすみ※スマホ専用